断酒のすすめ
家族の方へ
体験談
相談窓口
埼玉県断酒新生会とは
例会日程・会場
ディスクロージャー
埼玉県断酒新生会HOMEへ
 
社団法人
埼玉県断酒新生会
 
事務局はこちら
 


全日本断酒連盟
体験談
お酒をやめ続けるには、体験談を聞き、酒害体験を話す事が一番の薬です。
匿 名

入会して救われた私

お酒を飲むのが好きで、友人との会食や夫との晩酌で楽しく飲んでいたはずの私の飲み方がおかしくなり始めたのは、今年二十歳になる子供が二歳になる頃からでした。
  初めての子育て、夫の地元引っ越しで、見栄っ張りなところがある私は全部きちんとやらなくてはと思い、でもうまくいかずに悩みました。
高橋 一夫

選ばれた人

 私の酒は仕事上で行き詰まり、上司に治療を勧められます。当時、アルコール治療など容易に受け入れられるものではありません。家内が他界して二年が過ぎる頃でした。
T.O.

飲まなくても、大人とみられたい

 「あなたは、アルコール依存症ですよ」医師にそう言われたのは今から8年前のことでした。私は当時、ボーとした頭でそれを聞いてました。ある日突然アルコール依存症になる訳もなく、罹患した経緯をこれから少し記述したいと思います。
 子供の頃、私の周りの大人、特に男の人は皆飲んでいたこともあって、大人っていうものはお酒を飲むものだと思っていました。逆に飲めるようになれば、自分も大人の仲間入りが出来ると思っていたような気がします。
M.E

断酒会に入ってから

 私はアルコール依存症で、精神科に入院するまで「断酒会」という存在どころか名称すら知りませんでした。
 入会申し込み用紙を書いたその日に再飲酒してしまい、たった2日間で入院前のようなひどい状態に戻ってしまい、どうしようもない有様でした。
 その間、何度となく仲間から連絡をいただいていましたが「また元に戻ってしまった」という後侮と気まずさで電話に出られず、やっと電話に出たときに「大丈夫だから一緒に断酒例会に行こう」と励まされ一緒に行ってもらう始末でした。